--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-17(Wed)

かんぽの宿

郵政の再任問題でいろいろなごたごたがありましたが今後一番最初に問題になったかんぽの宿はどうなってしまうのでしょうか?実際のところかんぽの宿は赤字の垂れ流し事業であることは間違いないと思います。これが売却されていれば赤字分だけでも減らせるわけではあります。しかしこのごたごたで売却はできないうえ赤字幅がひろがるばかりです。かんぽの宿の売却問題では出来レースだとか買収金額が安すぎるという観点から鳩山前総務相はいろいろ言っていましたがこの売却されなかったことで今現在も発生し続けている赤字を補填しているのは国民です。一方から見ると鳩山前総務相は良い事をしたと思いがちですが側面を変えると国民の不利益しか残らないわけです。国民も一方の部分しか見ていないことで自分たちに不利益が発生していることに気づいていないわけです。これは私の意見ではありますがこの世の中には悪というのも必要なのではないでしょうか。表の面がある以上裏の面も出てくるわけです。きれいごとばかりで世の中がうまくいけば本当は良いのですがね。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

最近の記事
最近のコメント
相互リンクレーシック


フード・ドリンク通販



























にほんブログ村 株ブログへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


もしもドロップシッピング











マエストロの株式ボナセーラ















マネポケ金融投資ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。